Re:Mixed TOY JUKE!

アクセスカウンタ

zoom RSS HGAW ガンダムX ディバイダー

<<   作成日時 : 2011/02/18 00:48   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

何も考えずに走れ!

画像

HGAW ガンダムX ディバイダー

『機動新世紀ガンダムX』より、GX-9900の武装改修機・ディバイダーがHGAWに登場
先行発売されたGX-9900に追加パーツを施す形で、HGAW第2弾として立体化されました

実質的にGX-9900のバリエーションキットと言っても差支えのない内容ですが、
1/144スケールで新機軸を打ち出しているHGAWから念願のディバイダーが出たということもあって、
個人的にも楽しみにしていたキットでした


画像

画像

本体のプロポ―ションは先行発売されたGX-9900から何ら変更されていませんが、
旧キットに比べ格段に引き締まったラインと洗練された面構成、そしてシャープな造形が特徴です

単純に言えばGXの派生キットなのですが、ディバイダーと武装、バックパックが新規で付属する代わりに、
GX時に制作するサテライトキャノンやシールドバスターライフル等のパーツはオミットされているため、
キット単体ではGXとディバイダーの組み替えを行うことはできません

色分けはHGなので甘い部分が多いため、細かい部分塗装箇所やシールでの補完箇所、
ディバイダー内部をお手軽に塗装し、トップコートを吹いていつも通りの簡単フィニッシュにて終了
塗ると塗らないとでは見栄えが千差万別なので、素組みで物足りない人には丁度いい作業量になると思います

画像

今回のディバイダーは先行発売されたGXに比べ、成形色がよりアニメ設定に近い色合いになっています
全体的に濃い色で配色されたディバイダーの方が引き締まって見えますね


画像

頭部 
無改修でもいい造形で仕上がりますが、今回はマスクの頬部分を気持ち削り込んで馬面を解消し、
アンテナのダボを切り取って平面にしつつ過度にならない程度にシャープ化を図っています


画像

GXでは胸部マイクロウェーブ受信部の中にラメシールを貼るようになっていましたが、
ディバイダーではベルティゴによってサテライトシステムが破壊されているために、
付属のシルバーのホイルシールを貼ってイメージを再現しています


それでは可動範囲やギミックの説明を

画像

画像

各部の可動範囲は先行発売のGXと変わりませんがおさらいの意味合いも込めて……
肘関節はHG標準レベルで90度までが一杯、肩関節はスムーズなスイングが可能です
さらに根元のPCパーツ部分が若干せり出すので、前方に引き出して可動範囲を広めることができます

画像

腹部は腰部と二重の関節軸があり、上半身を仰け反らせたり屈ませることで細かいポージングが可能です
腰も干渉物がないために思い切り捻ることができ、大胆なポーズ演出が期待できます

画像

HGではおなじみ、股関節が前後にスイングすることで脚部の可動範囲が拡大する機構を内蔵
膝関節は最近のHGでも及第点レベルの可動性能で、個人的にあともう少し曲がってくれたら文句なしです
足首元も可動するので微妙な動きを与えてポージングに表情を付けることができます


画像

バックパックの背部バーニアが展開 エネルギータンク接続部が可動します

画像

画像

新規武装のディバイダーは差替えにより発射形態を再現
砲門周りは成形色ズバ抜きの1色のみの色分けなので、素組みのままでは味気ないですが、
差替え時のピンが旧キットに比べて目立たなくなるよう配慮されています

さらにディバイダーをバックパックに接続することでホバリングモードを再現可能
見た目も変わってくるのでプレイバリューが広がります


画像

画像

ガンダム、行っちゃうぜぇ!

画像

画像

画像

画像

画像

ビームマシンガン!

画像

見える…!俺にも見える!

画像

画像

画像

ローレライ海域のオルク戦で使用されたハイパーバズーカも付属

一発モナカ割の単純なパーツ分割なので味気ないのが少々残念ですが、
グリップが曲がっているためにスムーズに保持させることが可能で、
左添え手パーツを使って発射ポーズも楽に作ることができます
この左添え手をGXに使えばサテライトキャノンの砲門を支えた発射ポーズも再現可能になります

ちなみにバズーカはホバリングモード時だと干渉するのでうまく持たせることができません

画像

画像

画像

画像

画像

大型ビームソード!発振パーツはGX同様に専用のクリアーパーツが付属

画像

画像

画像

ビームソード二刀流!

GXではグリップ&発振パーツ共に1本のみの付属でしたが、ディバイダーになってもう1本追加されたため、
お得感とプレイバリューはディバイダーに軍配が上がりますね

画像

画像

ハモニカ砲だ!ガンダム坊や!

画像

画像

ディバイダーと言えばハモニカ砲!迫力があってカッコいい!
重量のある武装なので構えさせると腕がヘタってくるので、肩関節の根元での補強をオススメします

画像

画像

俺の声が聞こえるか――!!

画像

GX-9900サテライトキャノン・ディバイダー!
背部バックパックは互換性があるので組み替えるだけでサテライトキャノン装備のディバイダーが再現できます


画像

ディバイダー自体が個人的にも大好きな機体なので贔屓目に見てしまいがちですが、
よくぞ立体化してくれた!という気持ちがまず大きいです

細かい色分けやバズーカのディテールなどHGレベルなので甘い部分も見受けられますが、
ポイントを抑えれば素組み+αで十分カッコよく仕上がってくれます
GXから変更されたアニメ画基調の成形色も個人的に良い意味でのリファインだと思うので、
総じて出来がよく遊べる内容になっていると思います

ここまで来たらもう後は15年目の亡霊を出すしかないよね、バンダイさん!

以上、HGAW ガンダムX ディバイダー でした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
HGAW ガンダムX ディバイダー Re:Mixed TOY JUKE!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる