MG ターンエーガンダム(リテイクレビュー'10ver.)

命を大事にしない人とは、誰とでも戦います!!

画像

MG ターンエーガンダム(リテイクレビュー'10ver.)

MGシリーズ100体目にラインナップされた 『ターンエーガンダム』の主役機・ホワイトドールこと、
黒歴史を埋葬したMS・ターンエーガンダム

ブログを開設した当初から 年に1回ぐらいのペースで焼き直ししてきましたが(何と言っても大好きなMSなので)、
今回は2010年ver.と銘打って、自分の好きなように撮ることを目標にレビューしてみました

……と言えば聞こえはいいんだけど、ただの黒歴史埋葬回です(あ、俺うまいこと言った!)

ネタに困ってホワイトドールで遊んでいる内に、いつの間にか写真枚数が溜まってきちゃったので、
この際、キレイにレビューしなおしちゃえ!と思い立ったので、半分は自分への総決算的な意味合いも強いですが
1/100サイズのポージング作りのバリエーション研究も含めて、今回は撮影しています


画像

画像

工業デザイナーのシド・ミードによって生み出された 他のガンダムとは一線を画すシルエットが、
カトキ・ハジメによってリファインされ、MGの1/100スケールで見事に再現されています

各関節はポリキャップ部品を使用しないABSパーツの噛みあいによって接続され
作り上げてから数年の時間が過ぎているものの、未だにかっちりと関節強度が保たれています
(股関節は若干緩み気味になってますが)

色分けに関しては、部分塗装の必要なしでほぼ原作のイメージに近い仕上がりになるので
後は全身に掘り込まれた過剰なモールドをスミ入れしてやれば見栄えがよくなります

もう作り上げたのが数年前なのでレパートリーは忘れますたが、
アクセントを付ける為に赤いスミ入れを施してあります


画像

頭部
額の∀マークは蛍光グリーンで塗ってますが、キットには専用のデカールが付属してきます

特徴的な髭はMG化に際してシャープ且つスマートに仕上がっており、
カメラアイ部分がクリアーパーツで再現されているので、光が差し込むと発光しているように見えます


それでは可動範囲やギミックの説明をば

画像画像

画像画像

肘関節は肩アーマーが独自可動することで干渉を避けて動かすことが可能で
この機構は後に発売されたROBOT魂ターンエーガンダムにも引き継がれました

スイング範囲が限定されそうな肩周りですが、関節が前後スイングにも対応しているので
かなり可動範囲は広めです


画像画像

腰は干渉知らずなのでぐいぐい回転させることができる上、若干ですが前後への動きにも対応します

脚部は独特な形状をしているものの、考えられた膝関節の位置できれいに曲げることができ、
足首部分も可動させることでターンエー独特の脚線美を生み出します


画像

背部ナノマシン散布用ベーンが展開


画像

胸部マルチパーパスサイロとビームドライブユニットの展開ギミック

マルチパーパスサイロ内にはミサイルの弾頭も再現されており、さらにコンテナを取り外すことができます


画像画像

脛裏のスラスターベーンの複雑な構造も再現され、膝の可動で連動するという驚きのギミックを内蔵しています


画像

コクピットのキャノピー部分が回転し コアファイターへの変形が可能


画像

武装携行状態


画像

ビームライフルとシールドはアタッチメントに接続して背部へマウント可能

欲を言えばライフルを原作のように腰にマウントできる機構があれば尚よかったです


以下、武装紹介と共にブンドド

画像

画像

画像

画像

ホワイトドール、起動!


画像

画像

ビームライフルは銃床と内部グリップが展開し、最大出力モードを再現可能!


画像

画像

画像

画像

画像

画像

こんなところで戦争なんて、いけませんよ…!


画像

やったぜフラン!!


画像

このホワイトドールには、天を灼く剣があります!


画像

フルドライブ!!


画像

ガンダムハンマーも付属


画像

地球は戦争するとこじゃないでしょぉおおおおおおおお!!


画像

ダブルハンマーも似合うけど、如何せんポージングに困る……


画像

画像

画像

ビームサーベル!


画像

画像

画像

僕はローラでもなければ、道具でもありませんよ!


画像

これが黒歴史最強のMSだって言うんだから、仕方ない


画像

画像

さらに第8話『ローラの牛』で印象的だった牛が1/100サイズで付属
胸部のコンテナに入れて運べます


画像

どうしてこんなもの、作ったんですよぉおおおおおおおおおおおお!!


画像

さすがMG100体目の記念すべきキットだっただけあり、
今遊んでみても 内容・ギミック共にかなり高次元で満足できる完成度です
値段も抑え気味だし、個人的には文句の付け所がほぼ見当たらないので、
発売から時間が経っているものの、今のところMGシリーズでは最高傑作だと思っています

何だかんだでいつもと変わらないレビューになっちゃたような気がしないでもないけど、
過去記事に比べて見栄えがよくなっていると感じてもらえたなら、個人的には満足です(←オイ

それはさておき、MGターンXの発売マダー?(・∀・)っ/凵⌒☆チンチン


以上 MG ターンエーガンダム(リテイクレビュー'10ver.) でした!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック