MG ユニコーンガンダム HDカラー+MS CAGE(ユニコーンモード)

画像

MG ユニコーンガンダム HDカラー+MS CAGE(ユニコーンモード)

『機動戦士ガンダムUC』より 主人公バナージ・リンクスの駆る純白のMSユニコーンガンダムが
アニメ版設定のHDカラーで装いも新たにMG化

U.C.0096年 地球連邦政府が極秘裏に推し進めていた
『UC計画』の中核である『NT-D』システムを搭載したNT専用試験MS

開発はビスト財団とその傘下であるアナハイム・エレクトロニクスで行われ
機体全身の骨格にサイコ・フレームを搭載 『NT-D』システム発動時にはフレームが露出し
パイロットの感応波を読み取り 機体の制御にダイレクトに反応させることができる

さらにカーディアス・ビストによって未知のOS『La+プログラム』が搭載され
宇宙世紀創生の謎を握る『ラプラスの箱』の道標ともなる機体でもあり その鍵は息子・バナージに託された――


というわけで久々の大型キットとなったユニコーンのHDカラーですが
アニメ開始と同時に発売されたこともあって 過去にver.ka.を作っていながらも
非常にテンションを上げて取り掛かることができました

画像

画像

HDカラーとは ブルーレイのハイ・デフィニション画質をイメージしたグロス成型カラーを指し
白い外装に独特のツヤを持ち 関節などのグレーの部分がガンメタル調 青色部分がメタリック調となり
具体的に例えるなら スパコンのユニコーンに近い成型色になっています

プロポーション自体は元のver.ka,からの派生なので問題ありません
人型に最も近いと言われる足長&スタイリッシュなラインと凹凸曲面の再現が見事です


画像

頭部 アニメ版設定になってバルカン砲が追加されました
一応ランナーにはver.ka,の頭部パーツも付いてくるので ver.ka.に仕立てることも不可能ではないです
(わざわざやる人はおらんだろうけどな)


それでは各部の可動やギミックなどなど

画像

首元は回転に加えてジョイント可動によって仰向けさせることが可能


画像画像

肘関節はぴったりとはいかないものの十分な可動範囲を持ち
肩の水平方向へのスイングは余裕を持って振り上げることができます


画像画像

肩関節はほんの少しだけ引き出すことが可能 
腰は新規パーツの採用で大胆に回転させることができるようになりました これは大きなアドバンテージです


画像

コクピットハッチの開閉ギミック 中にはオールビューモニターに囲まれたバナージもいます


画像

背中にはデストロイモード時の胴体固定に使うストッパー機構を搭載
引き出した胴体をぐらつかせることなく固定させることができます


画像

ver.ka.からの抜群の開脚性能も健在


画像

HDカラー版の最も大きな変更点と言えば 膝関節のパーツを見直したことによって可動力が拡大したことです
以前のver.ka.では45度も曲がらなかった膝が90度近くまで曲がるようになりました

足首にも可動ポイントがあるので 飛行ポーズなどでの表情付けに役立ちます


画像

専用武装のビームマグナムとハイパーバズーカ
ビームマグナムには予備エネルギーパックが付属し バズーカもマガジンの取り外しが可能


画像画像


画像画像

ビームマグナムは腕部の他にバックパックにもマウントが可能
ハイパーバズーカとシールドもバックパックへマウントさせることができます


画像

ビームマグナムのエネルギーパックとバズーカのマガジンはリアアーマーへマウントできます


続いてアクションポーズ

画像

画像

画像

画像

ビームグナム!通常のビームライフルの5倍以上の威力を持つ強力無比な武装


画像

フォアグリップも可動するので両手持ちも可能


画像

ここを戦場にしていいのか!?あんたたちは!


画像

画像

画像

ハイパーバズーカ!砲身が伸縮展開してかなり大きなサイズになります


画像

ver.ka,のバズーカも借りてダブルバズーカ!

個人的に武器の成型色はver.ka.の配色の方が断然好みです


画像

画像

ビームサーベル!アニメ版設定のクリアーブルーの発振パーツが付属してきます


画像

画像

画像

正しさが人が救うとは限らない…それでも!!


画像

画像

+MS CAGE版の特典 第1話に登場したMSケージを再現したディスプレイベース
アームによってユニコーン本体を固定する形でディスプレイできます


画像

背部には各武装もディスプレイ可能


画像

背部上段に収納されているコンテナには余剰パーツを入れることができるので便利


画像

裏側にはビームサーベルの発振パーツも収納できます


画像

画像

画像

アームが可動するので整備状態の雰囲気を再現できるぞ!
柵付きのキャットウォークも再現されており 細かい部分まで凝られた作りになっています


父さん、母さんごめん……俺は、行くよ!

画像

画像

アー(↓)アー(↑)アー(↑)アー アーアーアーアアーアー


画像

画像

画像

画像

画像

別売りのアクションベースのアームを接続して 発進シーンを再現!


画像

画像

画像

ここから…ここから、出て行けぇええええええええええええ!!


画像

デストロイモード編へ続く!