ROBOT魂 スサノオ

画像

ROBOT魂 スサノオ

ROBOT魂SIDE MS 『機動戦士ガンダム00』セカンドシーズンより
ミスター・ブシドーことグラハム・エーカー最後の愛機 マスラオ改めスサノオ 推して参る!


まだまだラインナップの衰えないダブルオーシリーズ
マスラオから約半年の時を経てスサノオの発売で プラモデルにも大きく遅れを取りましたが
ようやく手元に届きました


画像

ブシドー・パッケージ…ではなく いつものSIDE MSカラー仕様

マスラオの初回特典のようなおまけこそないものの プロポーションが非常によかったマスラオの後継機だけに
パッケージ写真からでもその勇姿が伺えます


画像

セット内容

・スサノオ本体 ・背部擬似太陽炉
・強化サーベル シラヌイ&ウンリュウ 長短各×1 ・頭部ケーブル 長短各×1 ・交換用手首 左右各×2
・魂STAGE用接続パーツ ・サーベルホルダー ×2 ・交換用頭部 ・交換用顎部


物足りなさの残ったマスラオに比べて
強化サーベルの接続や 刹那との決戦で敗れた際のフラッグ形状の頭部も付属してお値段据え置き
なかなかいい仕事してます


画像

画像

抜群のプロポーションはマスラオ譲り 東洋の鎧甲冑を連想させる独特な形状が見事

ただこの形状は手に持って遊ぶとサクサク刺さって痛いと言う難点も抱えているのだ!


画像

頭部  単純な色分けなので無駄な塗装荒れの心配もなし
硬質パーツが効いて非常にシャープです

でも形状的な問題であまり首を回すことができないのが残念


画像

フラッグタイプの頭部は顎部パーツと共に差し替えで再現
バイザー部分のオレンジの発色がまたナイスな色です


各関節の可動ポイント説明など

画像

画像

腕周りはなんとか及第点と言ったところ
マスラオ同様 特に肩周りが柔軟な構造でもないので ギチギチした動かしにくい部分があります

ただマスラオに比べ 肩の接続はだいぶ緩くなった印象


画像

腹部の可動ポイント
胸部にはトライパニッシャーの展開ギミックを内蔵しているため 上に持ち上げてから展開させることになります

例によって形状の制約から 腰の回転はほんの気持ち程度なのが残念


画像

膝関節は十分な可動力を持っています


画像

股関節の開脚も結構大胆に開いてくれます


画像

画像

スリッパにもマスラオ同様の形状のため 可動ポイントがあります


画像

一応膝立ちなんかもできたり


画像

擬似太陽炉の裏にホルダーを介して サーベルをマウント可能


画像

腰部にもソウテン状態でマウントできます


画像

この私グラハム・エーカーは 君との果し合いを所望する!


画像

画像

画像

画像

強化サーベル シラヌイ&ウンリュウ!

サーベルのグリップには頭部ケーブル(長)も接続が可能 可動が制限されるので敢えて接続なしで撮影してます


画像

画像

画像

シラヌイとウンリュウを連結 ソウテン!


画像

画像

トライパニッシャー 発射形態を再現可能


画像

画像

画像

腰部擬似太陽炉GNクロー展開!


画像

例えイノベイターの傀儡に成り果てようとも…
このブシドーだけはぁああああああああ!!


画像

ブシドー「その極みにある勝利を!」
刹那「勝利だけが望みか!?」
ブシドー「他に何がある!!」


画像

画像

刹那「未来へと繋がる…明日だ!」


画像

切捨て!御免!!


画像

白羽取りだと…!?


画像

画像

これが俺の…戦いだ!


画像

生きるために 戦え…!


画像

ブシドーとは 死ぬこととみつけたり…

アバンタイトルで撃沈扱いのミスター・ブシドー ついにソレスタと共闘フラグは立たなかったな……


既発のマスラオに比べギミックが増加された分 レイバリューはかなり高まっています
この形状ならではの遊び難さもあるけれど 抜群のプロポーションが帳消しにしてくれるでしょう


以上 ROBOT魂 スサノオ でした!