ROBOT魂 アルケーガンダム

画像


ROBOT魂 アルケーガンダム


ROBOT魂 SIDE MSに『機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン』より
アリー・アル・サーシェスのアルケーガンダムがラインナップ


そのゲテモノ姿から ガンダムとはかけ離れた造形を持つアルケーが
ロボタマでどう再現されているのか――

個人的にはあまり思い入れのあるMSでもないんですが
ひとまずSIDE MSの09年の締め商品と言うことで購入しました


画像


パッケージ 

アルヴァトーレと並んで一際大きいサイズ



画像


セット内容

・アルケーガンダム本体
・GNバスターソード
・GNシールド
・GNビームサーベル刃 ×2
・GNファング(収納状態) ×4
・GNファング(展開状態) ×2
・GNファング接続パーツ ×2
・交換用フィン ×2
・交換用手首 左右各×3




巨大な武装のGNバスターソードと
GNファングを展開状態でディスプレイできるのがアルケーの目玉

交換用フィンは軟質パーツか硬質パーツを選んで取り付けますが
肩の可動で干渉しやすいので軟質パーツをお勧めします


画像


画像


アルケーガンダム本体

機体のカラーリングは濃い鮮血のような赤で
アルケーの持つ異様な四肢の再現は完璧



画像


頭部 額のセンサーが光沢のあるピンクで色分けされています



画像


胸部擬似太陽炉のレンズも光沢のある仕上がり




各部の可動説明やギミックなど

画像


関節を挟んでアンバランスな長さの比率を持つ腕でも
しっかりと可動範囲を確保



画像


肩アーマーが跳ね上がり 腕を水平角度までスイング可能


画像


一応肩関節にも可動ジョイントがありますが
背部ポッドに干渉するためあまりこの機構は期待できません


画像


腰は一軸回転で捻ることができますが
これも背部ポッドの大きさが影響して一定位置までしか回せません


画像


大胆に曲げることができる膝関節

しかしサイドアーマーの大きさが影響して
股関節から大きく開脚したポーズがとり辛いのが難点



画像


画像


足首に加えスリッパ側にも2箇所の可動ジョイントがあります



画像


サイドアーマーの内部にはGNファングを収納可能


画像


GNバスターソード&GNシールド

GNシールドは左右のウィングが展開します


画像


GNバスターソードはライフルモードへ変形可能
銃身をスライド展開させてグリップを取り付けます



画像


画像


胸部を着脱して脱出ポッドへと変形が可能

胸部カバーを外して頭部を回転させ ウィングとクローを展開させます



画像


GNバスターソード!

大きな武器のためにグリップ+固定ジョイントで肘に固定させますが
それでも保持力に難があります

さらに腕の長さが災いしてなかなかポーズが付け辛い……


画像


画像


しぶてーんだよ!ソレスタルなんたら!


画像


画像


GNバスターソード ライフルモード!

こちらの保持力は肘でしっかりジョイント固定できるので問題なし
しかしその長さが災いして取れるポーズも限られがちに……


画像


画像


爪先からGNビームサーベルを発振可能

蹴り上げポーズを作ろうとすると魂STAGEだと難しいかも……


画像


画像


いけよファング!

魂STAGEを使ってファングの展開状態をディスプレイ可能
ビームサーベル刃を接続してビームの発射も再現!



ボリューム的にはなかなかのサイズなのですが
同価格帯のアルヴァトーレが傑作すぎたせいか
可動面や遊びやすさで今ひとつパッとしない印象のアルケー

アルケー好きの方には申し訳ないですが
個人的には内容に反して割高な感じが否めませんでした



以上 ROBOT魂 アルケーガンダム でした!