マックスファクトリー 1/7Scale 初音ミク

画像

マックスファクトリー 1/7Scale 初音ミク

某フェスにて伝説を呼んだ原型師 シャイニングウィザード@沢近氏による
素材にこだわったマックス版ミクがご登場

年末になって予約しておいたミク物が雪崩のように押し寄せてきて
だいぶヒーヒー言って……じゃないや みっくみくにされてるんだお! \(^o^)/


ミクと言えばグッスマ版を差し置いて右に出るものはないと思っていましたが
YOSHI氏画のグッスマ版とKEI氏画のボークス版とも さらに付け加えると同じマックスのfigmaミクとも違い 
しっかりと造形面で差別化が取られているのが好印象

初見で拝んだ時には なんだか表情がのぺっとしている気がして
半ば義務のつもりで予約クリックしたのですが それはとんだ見当違いでした

サンプルと実物のギャップが いい方向に転んだ買い物というのも久しぶりかもね


画像

毎度ながら不必要なんじゃないかと思いながら ついつい撮影してしまうパッケージ これも義務か……

グッスマ版のパッケージに近いデザインですが 1/7という一回り大きいサイズのために箱も大きめです


画像

画像

画像

画像

画像

グッスマ版ではたなびくようなツインテールでしたが マックス版はクリアー素材製のツインテールという素敵仕様
その長さも見た目では相当な長さですが 不思議とバランスがとれているのもまた大きな魅力

体型自体もだいぶモデル体型になっています


画像

画像

画像

くりんとした大きな瞳と チャーミングな口元が特徴

予約段階であまりいい印象を持てなかった表情は
実物だと陰影と立体感が出ててアリなんじゃないかと思えるようになりました
特にふりむきがちな表情のために右アングルから眺めると このフィギュアのいい部分が一番出ていると思います


画像

画像

ヘッドセットとインカム

他の立体物では顔とマイクのクリアランスがないものが多数の中
モデル体型+小顔仕様なのでマイクも余裕のある再現度になっています


画像

画像

独特な存在感とボリュームを放つ クリアー製のツインテール


画像

キラキラ光沢でサイバー感たっぷりの衣装
皺の入り方とかマジ気合い入ってるなぁ……


画像

襟縁の細かい装飾までもぬかりなしな再現度
やっぱり1/7となると こういう小さな部分に求められる再現性は重要です


画像

お、お椀型!( ゚Д゚);',*;',.;*ガハァッ

チラ見する脇が挑発的すぎやしませんか!?


画像

さらに加えていつにも増して露出している肩袖


画像

腕のコンソール盤も細かい再現で文句なし!


画像

ネイルカラー入りの指先


画像

スカートの裾部分にもクリアー素材で心憎い演出


画像

おみ足
オーバーニーソはグッスマ版とデザインが違い 渋い光沢を放ちます

画像

台座
サンプルではクリアー製となってましたが 光沢のあるシンプルなブラックになっています
光沢で反射して見えちゃいけないものまで映っちゃうのはご愛嬌


画像

画像

これは義務です ていうかスカート短すぎ!
スカートの裏地までメタリックな輝きを放つとは 芸が細かいです



画像

画像

画像

画像

眺めるアングルによって 微妙に表情が変わって見えるのも大きな魅力のひとつ


画像

画像

画像

画像

画像

画像

ちなみに撮影中にバックでちょうど流れていたのは ジミーサムPのfrom Y to Y
季節柄合わないかなと思ったけど 案外悪くないなぁ


画像

対比用にグッスマ版

可愛らしさとトランザムキャストオフならグッスマ
作りこみを味わうならマックス版と言ったところかな


画像

当初あまり期待していなかった物だったので ここまでいい仕上がりになっているとは露知らず
いい意味で期待を裏切ってくれました

特に1/7サイズの大きさと髪の毛や服の素材の作りこみに 星5つをあげたいところで 結果的に良作認定!
ミク物だと大御所メーカーはやっぱり気合いの入り方が違いますね


以上 マックスファクトリー 1/7Scale 初音ミク でした!