ギガンティック流・ガンプラ&フィギュア撮影方法 ver.2009

なんだか最近になって 社会の歯車としての機能を自覚してきて
同時にいいように使われているberberです
アジアの片隅のみなさん こんばんは

あ~ 明日残業確定だよ 今から憂鬱だぜ……orz


そういえば押尾学さんが薬物法違反で
ついにタイーホなされましたね

「俺は燃えるゴミだ!」って言う押尾語録が
ニュースを見たときに脳裏を掠めました


【 レビュー紹介 】

指プル製作記!さまにて
HG ガンダムアストレイ ブルーフレームの完成レビューが掲載されています

一昔前のSEED系HGキットとは思えない可動性と
丁寧な仕上げでとってもナイスなレビューになっています!


デンデロの消失-俺とfigmaとガンプラと-さまでは
HG ケルディムガンダム GNHW/Rのレビューを掲載されています!

ビットでの攻撃ショットがいいですねー 雰囲気出てます!
ボリュームもあって見所沢山です


【 レビュー紹介御礼 】

MG ガンダムエクシア イグニッションモードのレビューを
指プル製作記!さまに
ご紹介していただきました!


           :.:.:/       ´     `丶.:.:\
              _∨ '"´              ヽ .:.\
         /                 `ヽ  ヘ.:.:.:\
        /   /                 \ 入.:.:.:\
       // / /    /    /     \ ヽ     //::ヽ .:.:.:\
        /  |  ! | | _,/」 i  ,/|   i ヽ    | \.// :::::::|:.:.:.:/ >
        | l i| | | / | 「|  | |_」L⊥.」_ヽ  |   //:::::::::::}://.:.:.:.:\
        | l i| | │〉rテメ、',. | ヽ| _|_ヽ | |}  |ー-| 二ニ='ノl^l .:.:.:.:.:.:.:.//\
        |∧| | ∧ヒ匆 ヽ|  |イラメ、/l|  |ー、| |:::: /.:.||l| .:.:.:.:.:.://.:.:.:.
           了「  ` "       込ソ` ノ  |' }Ll/.:.:.:.:从l:.:.:.:.:.://.:.:.:.:
           | .}    〈        ノ|  ノ〉/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//.:.:.:.:.:
           | |、   、           |  レ'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. //.:.:.:.:.:.:
           l | \  ` ̄      イ /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//.:.:.:.:.:.:.:.
               ヽ|  \    _  <  _| /ィ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//.:.:.:.:.:.:.:.:
               l    `7 __,.=='" / |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                f/´r/ ̄       ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                l| 〃     __ノ 〉 \:.:.:.:.:.:.:.:.:.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
              /l|/-─ '" ̄       ヽ  \:.:.:.:.://.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
              //      ___    |   \//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
             //    //  ̄ ̄`ヾ   |       \.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
            ///    /        ∥ |       \.:.:.:.:.:.:.:.:.:


ありがとうございました!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さてさて 昨年の9月に始めたこのブログも
来月でもうすぐ1歳の誕生日を迎えます

まーこの1年でこんなにもガンプラや玩具を
撮りためることになろうとは 正直予測していませんでした(!)

今見返すと 最初の頃の記事なんて見られたもんじゃないなと
鼻で笑えるようになっている自分は 
少なくともこの1年間でガンプラ撮影の楽しさを
見つけられたのではないかなーと思うと同時に
このブログを続けられている原動力のひとつになっているんじゃなかと
思っている次第でありまして


それで 以前少し要望があったので(まさかあるとは思いませんでした)
今現在の僕の撮影方法なんぞを ご紹介しておこうかと思います

今後 依頼品の撮影なども増えてくるかと思うので
作っていただいてる製作者の方々も参考になさってください

同時に 同じようにレビューサイトをお持ちのみなさんはこれを読んで
「こいつヘボやなぁ!」と コキおろしてください


名付けて――

【 ギガンティック流・ガンプラ&フィギュア撮影方法 】

画像



まぁあくまで完全に 俺流なので
参考になるかどうかは 甚だ疑問が残るところですが……


何はともあれ 撮影に必要な機材として最重要なものが
カメラ本体になってくるわけですが
主にガンプラのような小物を撮影してネットに上げるということを
考えると やはりコンデジの存在は欠かせません

画像


現在 僕がメインで使用しているものが
RICOH CX-1です

コンデジの用途は 使う目的や個人の好みで変わってくるでしょうが
ガンプラなどの撮影にはやはりマクロ撮影(接写)に強いデジカメが
最適と言えるでしょう

CX-1はスペック上では最短1センチまでの接写が可能な上に
焦点ポイントを自由に動かせるAE/AFターゲット移動の機能があるので
ピントが合わせづらいポージングにも対応してくれるのでとても重宝していて 
その他の機能も充実しているので 非常にお勧めなコンデジです


画像


初公開!(ALTER はやてのレビューの時に晒してるけど)
これが今現在の自宅の撮影スペースです

えー お見苦しいですね ベッドの上です

1/100サイズのガンプラともなると 撮影スペースもそれなりに取る上に
僕の家はワンルームアパートなので(汗)


背景紙は堀内カラーのグラペを使用しています
これがあるとないとでは大違いで 数々の有名レビューブログさまでも
背景紙を使用されていることから 必須アイテムであると言えるでしょう

背景紙は消耗品で 傷が付きやすいです
僕は家電量販店で\3.000程度で購入しています

照明は枕元のデスクトップライトです
ちゃんとした撮影用照明機材ではないので
色々と細かい調整が厄介なのが欠点です


それで デジタカメラで撮影した画像は
やはり編集しなければその真価を発揮しないわけでして

僕はフリーソフトのJTrimを 活用しています

画像


こいつがフリーソフトの割りになかなか強力なソフトでして
JTrimで画像編集の大半のことができてしまうぐらいです
操作も軽く スイスイ動く優秀なソフト!

これに加え Adobe SystemsのPhotoshop Elements7を
編集用ソフトとして使用しています

画像


エレメンツ自体は量販店で1万円弱で買える価格ですが
僕は大学生の妹に頼んでアカデミック版を安く買い上げた卑怯者です(笑)



では 今回はMG ガンダムエクシアで編集の手順を追っていきます

撮影においては基本的にマクロモードで撮影
ISOを最小の80に設定し ホワイトバランスを蛍光灯に設定

ISOは小さくすれば小さくするほどきめ細かい画像になりますが
その分シャッタースピードが遅くなるのでブレやすくなります

三脚やレリーズを使えばカメラが安定しますが 僕は敢えて使いません
小回りが効かなくなるし 好きなアングルでの撮影が限られてしまうからです

手ブレ補正機能を使えば ある程度はカメラ側が修正してくれるので
あとはひたすら下手な鉄砲数打ちゃ当たる戦法です


撮影した画像をPCに取り込み まずはJTrimを起動

画像


CX-1はブログ掲載などに最適なVGAでの高画質撮影ができないため
いつもは一度高画質サイズで撮影してから JTrim上で一括リサイズします


画像


リサイズして取り込むと VGAサイズ(640×480)になります


画像


これはただリサイズしただけの画像です
ノイズやジャギーが多く あまり見られるようなものではないですね

ウェブリブログのアップローダーは画像アップの時点で
自動的に圧縮されるので さらにノイズが増します


これを回避するために リサイズの時点で再サンプリングを行います

画像


サンプリング方式をLanczos3に選択することで
よりノイズやジャギーを軽減することができます


画像


これがリサイズ+再サンプリングを行った画像です
上の画像と見比べてみれば 一目瞭然ですね


さらに JTrim上でノイズ軽減の処理を行います

画像


軽減レベルは大きくしすぎると不自然になるので
ここではほどほどに抑えておきます


画像


さらにJTrimの加工機能『超新星』を使って
エクシアの目を光らせてみましょう


JTrim上で行う編集はここまでで 次はエレメンツ7に画像を取り込みます

画像


こんな感じになりますね
エレメンツに取り込んだら ここでも最初にノイズ低減処理を行います


画像


パラメータの設定は画像に合わせて増減しますが
僕はめんどくさいので大抵はこの設定です


画像


さらに細かいピントずれや 輪郭線を強調するために
シャープフィルタをかけます


画像


そして 若干背景が暗い気がするので
クイック選択モードで背景のみを選択して明るさ修正をかけます


画像


背景だけが少し明るくなりました


画像


さらに白みが強い部分の明るさも抑えてみましょう


画像


出来ました これで一通りの編集行程は終了です
大まかにこの行程を一枚一枚に仕込んでいます


画像


フィギュアの編集行程も同様です

JTrim上でまずはリサイズ&再サンプリング&ノイズ除去を
一括変換で行って……


画像


エレメンツ7に読み込みます


画像


上記と同様にノイズ除去を行ってからシャープフィルタをかけます

ここでは顔アップを撮影したんですが
ピントが少しブレていたのでアンシャープマスクで補正します


画像


画像


さらにフィギュアの場合 カラーバリエーション機能で
彩度レベルを若干補正します

彩度を上げることで色味を持たせ より鮮やかになります


画像


画像


こんな感じに仕上がります


というわけで いかがでしたか?

ためになるかならないはさておき(!) 
こんな感じでいつも撮影や編集をしていますよーというのが
伝わればいいかなーと思います

……肝心の撮影技術がまだまだヒヨッコなのがアレですが!


一応ですがここで紹介した方法はかなりお手軽で
誰にでもできるレベルのものだと思います

特にJTrimは優秀なフリーソフトだし 
これさえあれば大半の処理ができてしまいます

まだまだ研究不足なところもあるので また新しい方法を見つけたら
こういう感じでまとめてみたいと思います


という感じで
ギガンティック流・ガンプラ&フィギュア撮影方法の紹介でした!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのトラックバック