MG ストライクノワール

画像


MG ストライクノワール


OVA 『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER』より
連合のファントムペイン所属のエース スウェン・カル・バヤンの駆る
黒いガンダム ストライクノワール


アクタイオン・インダストリー社を中心に
GATシリーズの名機 105ストライクを改修し
ナチュラルにも極めて扱いやすい中~近距離戦闘に特化した
機体装備の仕様変更が施された

最大の特徴は換装性能を持つ専用のストライカーパック
『ノワールストライカー』で その原型は統合兵装ストライカーパック
『IWSP』であり バヤン中尉の戦闘能力を存分に引き出す
チューンがなされている――


X-105ストライクの異端とも言えるストライクノワールは
既発のMG エールストライクを基に一部パーツの追加と
成型色のカラーリングチェンジでキット化されています

元になったMG ストライクがいいキットだった上に
ノワールストライカーや豊富な武装によって
単なるストライクのバリエーションに留まらない内容になっています


画像


画像


画像


画像


全体のプロポーション自体はストライクと変わらないものの
その黒いカラーリングと背中のノワールストライカーが
暗躍部隊『ファントムペイン』のイメージを与えてくれます


画像


頭部
二連スリットが左右に分けられた 猫顔ガンダム

シャープでイケメンな造形はさすがMG


画像


おなじみ コクピットハッチ開閉ギミックも搭載
中にはもちろん スウェンの姿が


各部可動範囲の説明

画像


抜群の可動性能を持つ肘関節


画像


画像


上方向 そして前方へと引き出すことが出来る肩関節ブロックで
腕の可動範囲が拡大

ストライクのものと同じ構造ですが 今見てもこれはよく出来ています


画像


ノワールで新たに追加された 手首の可動ポイント
武器を構えた時に より柔軟なポージングが可能になります


画像


膝関節もストライク譲りの脅威の可動性能で
膝の動きに合わせて 腿の装甲がスライドします


画像


スリッパにも可動ポイントがあり 接地性の向上や
アクションポーズに一役買います


画像


膝立ちも余裕でこなせるぞ!


画像


メインウェポンのビームライフルショーティーは
左右のサイドアーマーにマウント可能



画像


背中のノワールストライカーは各所に多数の可動箇所があり
飛行形態や ウィングを大きく広げた姿も再現可能だ!


そして豊富な武装解説

画像


ビームライフルショーティー!

専用のマニピュレーターに差し替えて保持させますが
ストレスがなくしっかり持たせることができて正解

画像


画像


標的を確認 これより排除を開始する


画像


グレネードランチャー装備57mm高エネルギービームライフル

銃身の装填されたグレネード部分が可動します


画像


画像


消えろ コーディネイター共!


画像


ストライクのランナーの恩恵で
ストライク用のビームライフルも付属してきます


画像


2連装リニアガン 展開!


画像


アンカーランチャー射出!

ケーブル部分はリード線で再現され 動きを柔軟につけられます


画像


画像


さらにスリッパ裏の2箇所と
背部のストライカーパックからもケーブルを射出できるぞ


画像


フラガラッハ3 ビームブレイド!


画像


画像


お前たちは…この俺が討つ!


画像


フルバースト!


画像


星…か…


よく動く上にギミックも武装も豊富
さしあたってストレスになるようなポイントもなく
ストライクからの派生キットだけあって実によくできています

難点を挙げるのならば ノワールと並べられる機体が
今現在のMGにはないという悩みぐらいですが それを差し引いても
十分に楽しめる内容には拍手を送りたいです

……にしてもね 黒いパーツにトップコート吹くのって難しいわ


以上 MG ストライクノワール でした!