Re:Mixed TOY JUKE!

アクセスカウンタ

zoom RSS ラプラスの亡霊 〜機動戦士ガンダムUC episode3 プレミアレビュー感想記〜

<<   作成日時 : 2011/03/05 23:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 3 / コメント 0

さっさとガンダムになって見せろォ!!

画像

目標をセンターに入れてNT-D、ってことで毎度おなじみ
3月5日より2週間限定で行われるガンダムUC episode3『ラプラスの亡霊』のプレミアレビューに行ってきました

画像

劇場は前回、前々回と同じく新宿ピカデリー
有休取ったおかげで9:30スタートの舞台挨拶回のシートを抑えることができましたが、
1時間前に劇場に到着するも、既に会場はブルーレイ・プラモ販売や物販待機の列で大賑わい!
公開初日ということもあるでしょうけど、前回のepisode2を上回る人ごみでごった返していました

今回、ブルーレイ&プラモの販売ブースとパンフ等の物販ブースが分かれていたため、
長蛇の列に並ぶも客捌きがスムーズに運び、案外すんなりとブースにたどり着くことができました
3回もイベント上映を開催したので、ピカデリー側も客への対応が小慣れてきた印象ですね

流石にブルーレイの列に並ぶ時にピカデリーの最上階まで列が伸びていることを知った時には絶望しましたが、
それでも事前配布の整理券を持っていたのでそこまで待たずに買えることができました

画像

戦利品のブルーレイとパンフ、そして来場者限定配布のガンダムUCバンデシネの特別冊子
毎度渋かっこいいブルーレイのスリーブはクシャトリヤデザインになっています
HGUCシナンジュのレッドスパークルver.は実物を見たら「まぁいいや」ってなったので買いませんでしたw

画像

ディスクジャケットのデザインいいね…!
そして劇場販売版に限定で付属する脚本集の表紙もマリーダさんという激しく俺得仕様な件

画像

特典で付属する生フィルムは医務室でのワンシーン
バナージとマリーダさんが!バナージとマリーダさんが映ってる!!これは当たりだ!!!


ここから先は舞台挨拶の内容込みで軽くネタバレ要素を含むので、
「まだ見てねぇんだからネタバレすんなksg」っていう人はブラウザの戻るボタンを押すが吉


まずは率直な感想――相変わらず戦闘シーンの描き込みが半端じゃないです
話の運び具合としては小説版と比べると相当削られているけど、それでも違和感は感じませんでした
パラオ攻略〜ラプラス史跡戦〜地球降下といういつも通りの駆け足展開でしたが、
その大半が戦闘シーンで占められつつも、しっとりしたドラマパートもあり、展開にメリハリがありましたね

冒頭8分のダイジェストでも少し流れましたけど、
前半のパラオ戦の見どころはなんと言ってもネオジオン残党軍MSの活躍でしょう

画像

画像

画像

ガザDが!ドライセンが!ドラッツェが!見事に散っていく!!
今の技術でここまでぬるぬる動くネオジオンMSが見れたことに感動しましたね

画像

フロンタル大佐は前回に比べてさらに威圧感がやばいことに
パラオ脱出の際に無言でロトを圧倒するシーンが特にツボでした

画像

画像

画像

画像

小説版でも物議を醸し出したマリーダさんの過去については、案外ソフトにまとめてきたな、という印象でした
強化人間のために女性としての性機能うんたらかんたらの行はほんの一瞬だけ触れられ、
後は視聴者側の想像で補完してください、といったような感じ
ここらへんは古橋監督と福井さんの間での折り合いが到達した着地点なのではないでしょうか

ついでに言うとクシャトリヤとユニコーン戦では前回episode2のバンクが一部に用いられていました
反転したり動作を描き加えたり、動きのスピードを変えたりと工夫は見受けられましたが、
やはり制作期間がカツカツなのかという印象も受けましたね……
バンクを用いた理由については後述の舞台挨拶でも触れられていました

画像

プロトスタークジェガンもよかったけどエコーズ版のジェガンも予想外にカッコよかった!
HGUC化が決定しているのでこれは買ってしまいそう……

画像

画像

画像

今回一番ジーンと来たのはダグザさん
episode1から屈強な軍人肌のキャラだったけれど、そんな彼の最期には思わず涙が…(´;ω;`)ブワッ

画像

画像

画像

荒ぶるデストロイモード無双 アンジェロさんの噛ませ役が板についてきましたね

画像

画像

画像

画像

画像

地球の重力に引かれ、失意に飲まれる中流れ出すケミストリーのEDテーマ
最初PVで聴いた時は「ん?」って思っていたけど、実際映像と合わせて見るとなかなかいい曲ですね

上映終了後にはメインスタッフによる舞台挨拶が催され、
バナージ役の内村さん、オードリー役の藤村さん、原作の福井さん、そして監督の古橋さんを交え、
なんとタクヤ役の下野さんがクロストーク調で司会を務めてくれました
うぉおおお下野かわいいよ下野!!

うる覚えの内容ですがトークの内容もざっくばらんに明るい雰囲気でスタートし、
まずはバナージ役の内村さんに下野さんがするどい質問

下野さん「(現在放送中の)IS(インフィニットストラトス)のような女性ばかりの現場と、
ユニコーンのおじさんばかりの現場、どっちがいい?」


これには内村さんも一瞬顔が渋っていましたが、「どっちも大事ですね」という回答に、
横から福井さんの「男と女両方イケるんだよ」というツッコミに会場は大爆笑w

続いてミネバ役の藤村さんにはこんな質問

下野さん「バナージとリディ、ついていきたいタイプはどっち?」

会場のお客さんの回答割合としてはバナージ3 リディ7と言った印象に藤村さんもリディと答え、
「リディお金持ってるからね」というまたもや福井さんのツッコミに藤村さんも、
「やっぱり将来性を考えるとリディですね」と、生々しいお答えを漏らしていました

ここでスペシャルゲストが登場、何とダグザ役の東地さんがイカしたサングラス姿で舞台袖から出てきました!
マイクを通して会場にいい声が響き渡る!!!

ダグザの演技については、実に男らしい、国を守るためにはこういった人が必要なんだというような感想を述べ、
「(役が終わったので)飲み会にはもう呼ばれなさそうなので、
池田さんあたりと偶然を装って参加しますw」
とのことw仲良過ぎでしょうあんたらwww

トークは福井さんと古橋監督に移り、今回episode3の制作についての話になりました

福井さん「episode1がある意味起承転結で完成された序章でもうお腹いっぱい、episode2ではそれを受けて走り出した感じでしょ。それでepisode3になってようやくドラマが展開して折り返しに来たというか。もういつ終わるのだろうかということが常に頭の中にありますが、まだまだ続きます。そろそろ死人が出てもおかしくない(笑)」

一部カットにバンクを用いた理由については、監督がわざわざ自分から触れてお客さんに謝っていました

古橋さん「(反転したり効果をつけるなどして)今回はバンクを用いましたが、episode3は制作期間が今までで一番短かったんです、ごめんなさい。ですが全く同じようなカットはない筈です」

この業界やたらと自分を持ち上げるアニメ監督が多いけど、何と低姿勢な人なんだろうと思い、

古橋さん「次のepisode4は完全に新作。
僕が一番やりたいように作っています。なので期待していてください」


という余計に期待が高まるコメントを頂きました

最後にメインスタッフ1人ずつからコメントを

内村さん「これからも鬱々としたバナージを演じていきます。見ていてください」
藤村さん「今日は来てくれて本当にありがとうございました。頑張っていきます」
東地さん「役を終えることができ、今度は見守る側になりました。仲間に入れてください」
福井さん「episode4はMSの大運動会(笑)になります。原作とは違った展開にもなるかもしれません」
古橋さん「先ほども言いましたが、episode4は是非ご期待ください。
秋にはお見せできるよう、頑張っています」

下野さん「今後出番があるかはどうかわかりませんが、タクヤがMSに乗れることを夢見つつ!
タクヤ・イレイ、タクヤ・イレイをどうかひとつよろしくお願いします!
(陳謝)」

大きな拍手に包まれて、舞台挨拶はこれにて終了!
何となくうる覚えで記憶が怪しいけれど、以上のような内容でした

画像

episode3公開記念ってことで1枚

来たるepisode4『重力の井戸の底で』は今秋から公開予定……また秋までは死ねない理由ができちまった!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)episode 3 ラプラスの亡霊
『亡国のイージス』、『終戦のローレライ』などの作家・福井晴敏が『逆襲の シャア』の3年後を舞台に「ガンダムエース」誌上で連載した同名小説を 映像化したSFアニメの第3話。 キャラクターデザインは安彦良和で、メカニックデザインがカトキハジメが 担当。 “袖付… ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2011/03/21 23:21
フェラガモ 通販
ラプラスの亡霊 〜機動戦士ガンダムUC episode3 プレミアレビュー感想記〜 Re:Mixed TOY JUKE!/ウェブリブログ ...続きを見る
フェラガモ 通販
2013/07/03 20:54
プラダ トート
ラプラスの亡霊 〜機動戦士ガンダムUC episode3 プレミアレビュー感想記〜 Re:Mixed TOY JUKE!/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ トート
2013/07/08 15:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
ラプラスの亡霊 〜機動戦士ガンダムUC episode3 プレミアレビュー感想記〜 Re:Mixed TOY JUKE!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる