Re:Mixed TOY JUKE!

アクセスカウンタ

zoom RSS MG ヴィクトリーガンダム ver.ka.

<<   作成日時 : 2010/01/18 03:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

戦争で世界が変えられると思うのはおかしいよ!

画像

MG ヴィクトリーガンダム ver.ka.

「機動戦士Vガンダム」から初のMG化キットは 宇宙世紀新時代の象徴 ヴィクトリーガンダム!


U.C.0153 サイド2に台頭したザンスカール帝国の派遣軍べスパと
レジスタンス組織 リガ・ミリティアとの軍事衝突が勃発
リガ・ミリティアが反抗の象徴として開発したヴィクトリー・ガンダムは
ガンダムタイプMSとして初の本格的に量産された機体となった――


それまで立体化に恵まれなかったVガンファンは狂喜乱舞 ver.ka.として新たな解釈を盛り込んで09年末に立体化

F91・クロスボーン等に続いてMGでは立体化がいま一つ乗り切らない新世代小型MSですが
今回はver.ka.解釈に並んでVガンならではの変形・分離も再現
このタイミングでの立体化で果たしてどこまで追求できているのか
個人的にも楽しみな意欲作だと期待していました


画像

まずはコアファイターから

キットにはVガンダムヘキサへと換装するコアファイターも付属し 計2機のコアファイターの製作内容となっており
それぞれの機体用のクリアーパーツ製ランディングギアも付属

このコアファイターだけでも変形ギミックが凝縮されていますが 一番気になったのは主翼のポロリでした
これは他のレビュアーさんの記事でも確認しましたが どうも個体差という問題でもないらしく
格納と展開を繰り返すうちにどうしても接続が緩くなってきます

ストレスになるので主翼の軸部分を補強して対処しました


画像

画像

コアファイターと上半身を構成するトップリムが合体 トップ・ファイターの完成だ!
左右の収納腕にはビームライフルを携行させることが可能


画像

画像

ボトムリムとコアファイターが合体 ボトム・ファイター出撃!


画像

脚部は変形時に連動展開するギミックを内蔵しています


画像

トップ・ファイター ボトム・ファイター共に専用の接続パーツを使ってアクションベースに接続できます


画像

さらにトップ・ファイターとボトム・ファイターは 搭載形態への変形も可能!


画像

Vガンダムへと合体だ!STAND UP TO THE VICTORY!


画像

画像

コアファイターを収納し上下のリムが合体 Vガンダムが完成
ver.ka.ならではの洗練された丸みを帯びたスタイルが 見事に再現されています

各関節はポリキャップ部品を使わずABSパーツの接合ですが ここで各関節の補強ポイントを特記

・股関節軸
・肩関節と二の腕の接続軸


股関節はボールジョイント状の接続ですが ここが特にヘタリやすいので瞬接で補強
ついでに撮影中に左右の肩と二の腕が緩んできたのでここも補強!とにかくやたらと動きに弱いです
肘関節も噛みあいが緩いのでいずれヘタることは間違いなしで どうにもガシガシ遊ぶのには向いていませんね


ちなみにver.ka.おなじみのマーキングですが 途中で投げました

毎度毎度ver.ka.は全部貼らないと負けみたいなオーラが強いけど
量がヤバいくらい多すぎでやってられませんでした(汗)


画像

頭部
造形自体にさほど文句はないんだけど カメラアイのシールの形状にやや不満があり

赤い隈取り部分がパーツの成型色で再現されているにも関わらず
シール側にも付いているものだから 非常に貼りにくかったです


画像

コクピット部分は設定通りに展開


それでは各可動ポイントやギミックの説明など

画像

画像

腕周りの可動はそこそこなんですが 前述した通りに耐久性にやや問題アリなので
あまり遊びやすさを追求した構造にはなっていません

マニピュレーターは親指を除いた残りの指部分を ライフル用・サーベル用・平手用と差し替えて再現しますが
これもあまり理にかなった方式ではないように思います
何なら手首ごと交換させる方が断然安定するような気も……

ちなみに近年のキットで見られる肩関節の引き出し構造はありません


画像

合体機構のために腰の可動は一切不可
アクションポーズに幅が出ないので実に物足りないです


画像

膝関節は割と丈夫でカッチリ動いてくれます
ただ前述の股関節の軸部分の補強は必須


画像

変形機構のために設けられた股関節のストッパー部分
ここを外すことで多少開脚できるようになります


画像

画像

変形機構で可動させるスリッパ部分の可動ポイント

足首部分には可動ポイントはなく 一昔前のキットと同じレベルでの接地性能なのが残念


画像

一応膝立ちはできますが あまり股関節の軸に負担をかけない方が無難……


画像

左右の腕部にはビームサーベルのグリップを収納可能


画像

ビームシールドはF91やストライクフリーダムなどと同じく クリアー製のグラフィックプリントで鮮やかに再現


ウッソ・エヴィン ヴィクトリー!行きます!

画像

画像

ビームライフル!


画像

機能性を重視したコンパクトな武装


画像

画像

このぉ!猫の目か狐目なんか!


画像

画像

画像

ビームサーベルは やや細めのクリアーパーツで再現


画像

画像

ビームサーベル展開!
子供の頃はビームハリセンって呼んでたけど 誰かこの状態時の正式名称教えてくださいw


画像

画像

画像

Vガンダムヘキサに換装
レーダー索敵・防衛能力に特化した性能を持つ他は 基本的にVガンダムと同性能


画像

画像

画像

画像

画像

武装がちと物足りないから
Vガンダムヘキサ用ビームガンとか 4連装ミサイルポッドとか付属したらよかったかもね


画像

2個買いの特権 ダブルビームシールド!


画像

ダブルビームハリセン!


画像

画像

ちなみにキットにはコアファイター用のクリアーパーツ製ディスプレイアームも付属
アクションベースの台座部分に差し込むことができます


画像

満を持してのMG化ということで 期待に期待を重ねていたキットだったんですが
いかんせん関節などの耐久面で少々課題が残ったという印象

分離変形のギミックもよく考えられているんですが上記の点からあまりガシガシ変形させられるものでもないので
どっちかと言うと立ち姿で飾って鑑賞するのに適したキットでしょうか

リリースのタイミング的にも十分に意欲作なんですが
細かい部分で気になったところが多いので★3つってところかな


以上 MG ヴィクトリーガンダム ver.ka. でした!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱVいいですね。
ビームハリセンの件については
固有名詞はないと思われます。
ちなみに似たような武器として
アストレイアウトフレームの
ビームサインがありますが
あれはビーム幕に文字を浮かべる
ためにビームの形を変化させられるものです。
なのでberberさんがビームハリセンと
言ってもそれはberberさんの呼び方
ということでよろしいかと思います。
ミスターZ
2010/01/18 17:39
>>ミスターZさま
コメントどうもです!

>ビームハリセンの件については
>固有名詞はないと思われます
ビームファンっていう名前にしたら少しはカッコいいんじゃないかと気が付いた俺ガイル…。この形状は昔の旧キットの頃から不思議でしたw
berber
2010/01/21 21:49
初めまして、ビームハリセンについて調べてたらたまたま行き着いた何処かの馬の骨です。
素組みしか出来ないながら丁度Vガンダムの制作日記を書いていたもので、コメントさせて頂きます。

関節の事は自分も通ってきた道なので、かなり共感です。特に股関節は辛い・・・w
そして、可動範囲に関して満足していた自分は素人であると再確認w
変形合体出来てここまで動けば良いや、みたいな。
素組みでも十二分に楽しんでいるレベルだからなぁ・・・w

とにかく、仰られる通り課題の多いキットだと思いますが、これが新しい可能性を拓いてくれる物と信じて・・・V2を待ちましょうw
塩素系物質
2010/02/08 02:36
>>塩素系物質さま
どうもはじめまして、コメントどうもです!

>素組みでも十二分に楽しんでいるレベルだからなぁ
僕もそうですが、塗装ものだとガシガシ遊んでいるうちに剥げてしまうのが怖いのでwそういう意味で素組みには素組みの楽しさがあると思います

>これが新しい可能性を拓いてくれる物と信じて・・・V2を待ちましょうw
確かにVがMGで出たこと自体が大きな一歩ですね。これを期に立体化に恵まれない機体がMG化されていくといいなと思います
berber
2010/02/09 22:46
MG ヴィクトリーガンダム ver.ka. Re:Mixed TOY JUKE!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる