Re:Mixed TOY JUKE!

アクセスカウンタ

zoom RSS MG Hi-νガンダム

<<   作成日時 : 2009/04/03 23:21   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

ぼくは、世界を見ているのか…!?

画像


MG Hi-νガンダム


過去ものレビュー
今日はMG Hi-νガンダムです

富野由悠季著『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 〜ベルトーチカ・チルドレン〜』より
MGでついに公式設定となったHi-νガンダム

メカニックデザイナー出渕祐氏による大幅なリファインが施されて
新旧ファン共に話題を呼んだ ある意味で問題作となった本キット

個人的にはHi-νがキット化されただけでも大変嬉しいっちゃ嬉しいんですが
やはりその解釈には いささか苦しむ部分もあります

「まぁ これはこれでいいんじゃないか」的なスタンスで捉えています


画像


画像


旧来のデザインより随分とスマートにリファインされ
本体のカラーリングもインパクトのあった紫からブルーに変更

SEED系MG+ガレキ版Hi-νガンダムの流れを汲んだ
プロポーションと言ったところでしょうか
随所にSEED系MGの名残りが見受けられます

個人的にプロペラントタンクがもうちょい長かったら
文句はありませんでした

あとこのHi-ν最大の欠点が
プラの材質の問題でゲート跡がどうしても残ってしまう点
特にグレーの成型色プラはゲート跡が目立つので
違和感ない程度にリタッチしました


画像


コクピットハッチ開閉ギミック

ちょっとこの開け方は無理があるんでないの!?
って具合に 胸の装甲を持ち上げてオープンさせます


画像


プロペラントタンクの根元はアンダーゲート仕様のメッキパーツで再現
合わせ目がかなり目立ちます


画像


腕周りの可動は非常に優秀

肘関節はばっちり曲がるし 肩関節も上下に不自由なく可動
現在のMGの水準を十分に満たしています
SEED系MGで鍛えられたギミックが惜しみなく投入されてますね


画像


股関節は可動軸でスイングし
膝関節も大胆に屈折させることが可能

スネ部装甲は可動式で 内部フレームを露出させることで
メカニカルなイメージを演出します


画像


腰中央に設けられた 仰け反り防止ストッパー
ファンネル・ハンガーの重さによる仰け反りを防止したり 
ストッパーを外して自然な飛行ポーズを可能にしたりと
嬉しい配慮のギミックです


画像


足裏のランディング・ギアも可動式
隕石などに接地する際に爪の役割をするものですね


画像


画像


画像


フィン・ファンネル装備状態
背部のファネル・ハンガーに6基マウントさせます


画像


ファンネル・ハンガーは文字通り翼のように展開可能
基部も可動ブロックを持ち フレキシブルに可動します


画像


巧みなパーツ構成で
見事に迷彩カラーを色分けしたシールド
これはあっぱれです


画像


ビームライフル


画像


ビームライフルはリアアーマーにマウント可能


画像


シールドの保持は肘の外装にはめ込むだけの簡単なもの

ボールジョイントで接続できる機構だったら
フレキシブルに角度を変えられてよかったと思うんだけどね


画像


右腕のマシンガンは銃身が回転します
肘のマガジンは着脱可能


画像


左腕の予備ビームサーベルラックは
カバーが開閉してグリップがせり出すギミックを搭載


画像


ニュー・ハイパー・バズーカ

グリップが可動するので割と持たせやすいです


画像


左右のファンネル・ハンガーには
ビームサーベルラックが内蔵されています


画像


カスタム・タイプのビームサーベル
グリップの両端からクリアーブルーのビーム刃が発振するぞ!


画像


二刀流!


画像


画像


確信が持てるまでは何でもやる!
それが戦争で宇宙を汚した我々の仕事だ!


画像


ファンネルの発射形態

ファンネル本体は心地よいクリック感を伴って可動
付属のビーム・エフェクト・プリントを挟み込み
噴射煙を模したクリアーパーツに接続させます


画像


Hi-νガンダム専用の
アムロ・マーキングを模したディスプレイスタンド

4箇所のアームが展開し ファンネル展開形態の際に
付属のクリア棒を接続させます


画像


ファンネル発射形態

付属のクリア棒がファンネルの重さに耐え切れず次第にヘタってくるので
なかなかカッコよくディスプレイさせるのが難しいぞ…!


画像


大型キット故に決して安い値段ではないし
旧来のガレキ版Hi-νデザインに思い入れのある人には
やはり納得し難い部分もあるMG版Hi-ν

プラモデルとして見るとよくできているのですが
出渕版公式デザインをよしとするかしないかで
このキットの評価は大きく分かれると思います

まぁ 僕は軒並み満足ですが
ファンネルの発射形態ディスプレイにはもう少し一工夫して欲しかったかな
せっかくエフェクトパーツが付いてくるのに
クリア棒の耐久性がよろしくないおかげで 宝の持ち腐れになってます


以上 MG Hi-νガンダム でした!

ところでバンダイさん
MG ナイチンゲールの発売 マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。

恥ずかしい話ながら、本日になって初めてこの商品の存在を知りました。
(今、ヤフオクやアマゾンで色々実勢価格や商品化の経緯など調べ始めたところです)

ANA機内限定販売Ver.のファーストガンダムを思わせるカラーリングですよね・・・。時期的にはこちらの商品が先だから、ANAの方が後から参考にしたのかなあと思いました。

40代半ば目前という歳ながら、恥ずかしながらも「昔、好きだったガンダムの
フィギュアorプラモで、全シリーズ横断で一番格好良いのを飾りたいなあ」と考えてる最中ですが、今の所、候補は 本記事紹介のガンダム ANA初代ガンダム 透明プラ製初代ガンダム あとはZZガンダムとガンダムUCのプラモかフィギュア(出来ればダイキャスト合金製) これらの中からなどと考えてます。
にゃんまげ
2011/10/11 12:28
MG Hi-νガンダム Re:Mixed TOY JUKE!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる