Re:Mixed TOY JUKE!

アクセスカウンタ

zoom RSS MG ユニコーンガンダム ver.Ka. チタニウムフィニッシュ -EW製作依頼品-

<<   作成日時 : 2009/04/15 22:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

可能性の獣 その名はユニコーン

画像


MG ユニコーンガンダム ver.Ka. チタニウムフィニッシュ -EW製作依頼品-


福井晴敏 安彦良和 カトキハジメが織り成す 宇宙世紀新章
小説『機動戦士ガンダムUC』から
主人公のバナージ・リンクスが駆るユニコーンガンダムが
チタニウムフィニッシュver.として MGで2度目のキット化


アナハイム・エレクトロニクスとビスト財団が密かに開発し
『UC計画』の中枢である『ラプラスの箱』の鍵を握るユニコーンガンダム

機体の全身に新開発のサイコフレームを搭載
パイロットの感情の昂ぶりによって 機体に搭載された『La+プログラム』が起動
脳波だけで機体制御を可能にし 圧倒的機動力と殲滅力をもたらす
『NTデストロイモード』へと『変身』する フルサイコフレームMS

『デストロイモード』発動時は敵機のサイコミュ兵器の機能を奪えることで
NT専用MSに対して絶対的優位となるが その分パイロットへの負荷も大きくなり
『デストロイモード』発動時間は5分が限界とされている
未だサイコフレームがもたらす搭乗パイロットへの影響は不明な部分が多く
ユニコーンガンダムは まさに未知数と言えるスペックを誇るMSである――


MGではユニコーンの最大の特徴である
ユニコーンモードからデストロイモードへの完全変身を実現
さらにユニコーンの印象的な白のカラーリングを
新開発のメッキ加工であるチタニウムフィニッシュで再現
ルナ・チタニウムの上質な雰囲気を装ってキット化されました


今回のキットは ガンプラ完成品製作代行を専門としている
EVOLVE WORKSさんに お手軽価格オーダーとして製作依頼したものです

画像


以前 MG サザビーを制作依頼したこともあり
その完成度の高さに惹かれて再びオーダーしました
今回もオーダー手続きから配送に至るまで 丁寧なサービスケアを実感しました


画像


画像


ユニコーンモード
全身を装甲で覆われたとてもストイックな形態です

チタニウムフィニッシュが施された外装は
あくまで控えめながらも 「白銀色」の光沢と質感を持っています


画像


一角獣を彷彿とさせるアンテナがユニコーンと呼ばれる所以

アンテナは可動アンテナでも閉じた状態を再現できますが
素直に一本角アンテナを付けた方が見栄えがいいです

画像から鏡面仕上げされたような質感が伝わればいいんだけど……
レンズを通すと 実物の光沢が失われるなぁ……


画像


・左=チタニウムフィニッシュ  ・右=無印版
 
無印版の方がツヤを消した外装であることがわかります
ちなみにこの無印版の外装はトップコートでツヤを消していません


画像


チタニウムフィニッシュ


画像


無印版



色合い的に見れば 無印版の方が明るめに映りますが
チタニウムフィニッシュ独特の落ち着いた光沢もなかなか味わい深いです

ただ 従来のHDカラー版等と同様に キットのゲート跡が目立つようなので
気になる人には辛い仕様かもしれません


画像


関節は全てポリキャップレス接続

全身に変身ギミックが仕込まれているので
可動域は最近のMGにしてはかなり抑えられたものになってます

上半身に関して言えば 一昔前のMG並の可動域は
最低限確保されているんじゃないかと


画像


膝関節は残念ながら 外装と関節が干渉して寂しい限り


画像


しかし股関節は脅威の開脚力を誇ります


画像


ver.Ka.ならではの 大量のマーキングシールとデカールが
白い機体にアクセントを与えてくれます


画像


多重構造の装甲を持つシールド

アムロ・マーキングの流れを汲む特徴的なマーキングは
付属のコーションシールで再現


画像


シールドの裏側には 接続アームの可動部分や
サイコフレームが折りたたまれています


画像


デストロイモード時にはシールドが上下に伸縮し
花弁のようなサイコフレームを展開させます


画像


ビーム・マグナム

1発で通常のビームライフルの4倍の威力を誇る強力な武装


画像


フォアグリップを横倒しにして 両手持ちも可能


画像


ビーム・マグナムは銃身が伸縮し
エネルギーパックの着脱ギミックを再現


画像


ハイパーバズーカ

砲身が伸縮し 後部に取り付けられたマガジンも着脱可能です


画像


ビームサーベル

サーベルグリップはバックパックに2本
予備のサーベルグリップが左右の腕に装備されています


画像


画像


ハイパーバズーカとビーム・マグナムは
バックパックにマウントが可能


画像


リア・アーマーには予備のバズーカ・マガジンや
ビーム・マグナムのエネルギーパックをマウントできます


画像


さらにビーム・マグナムは腕の装甲にもマウント可能


人の心を 哀しさを感じる心を知るものなら ガンダム!
俺に力を貸せ……!


画像


デストロイモードへ変身だ!


画像


画像


デストロイモード

ユニコーンモード時とは一転して 機体の全長が伸び
全身のサイコフレームが露出して様々な表情を見せるようになります


画像


サイコフレームは集光性のあるクリア素材で再現


画像


デストロイモード時にはバックパックのサイコフレームも出現し
さらに2基のバーニアスラスターが展開

今回 制作オプションでバーニアのシルバー塗装を付属させました
きれいに塗装されています


画像


さらにリア・アーマーのスラスターも展開


画像


チタニウムフィニッシュの特典として
可動アンテナの展開を再現するゴールドの箔デカールが付属

光を受けると眩しく輝きます


画像


マリーダのクシャトリアを追い詰めたビーム・トンファーは
左右の腕に装備されたサーベルグリップの基部を回転することで再現


画像


ちなみに今回 撮影で使用したベースは
アクションベースのユニコーンバージョン

既発のアクションベースをユニコーンカラーにチェンジし
専用のマーキングシールが付属された スペシャルなスタンド


画像


画像


画像


画像


画像


画像


ユニコーンガンダムは 伊達じゃない!


画像


バンダイお得意のHDカラー同様のカラバリキットですが
チタニウムフィニッシュと 箔デカールの落ち着いた高級感は
これはこれでありなんじゃないかと思えるような仕上がりです
定価も値が張るキットだし それ相応のビジュアルはあると思います

今回はEVOLVE WORKSさんへの制作依頼品でしたが
これで無印版と合わせてユニコーンが2体揃ったので
我が家でも常時ユニコーンモードとデストロイモードが
ディスプレイできるようになったのが 一番の満足点

唯一の心残りと言えば やはりパラオ攻略戦の特別付録である
ビームガトリングガンが我が家にはないことかな……


以上
MG ユニコーンガンダム ver.Ka. チタニウムフィニッシュ
-EW製作依頼品- でした!



MG 1/100 RX-0 ユニコーンガンダムVer.Ka チタニウム・フィニッシュ
バンダイ

ユーザレビュー:
バリエーションはもう ...
ムラが酷い凄い楽しみ ...
ルナ・チタニウムの輝 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
まずはチタニウムバージョンの撮影お疲れ様です〜!
アンテナの金が素晴らしく見えます。
それと関節などが素晴らしく動くので、これはMGでも稼動範囲は上のランクですね。

このキットの製作内容とか分かりますか?参考までに知りたいのですが・・・。下地作りとか細かく分かれば幸いです
田澤重工
2009/04/16 20:21
>>田澤重工さま
実物のチタニウムフィニッシュの雰囲気は、もっとテカテカしていますよ。さすがにサンプル写真のようには写りませんでした(汗)
アンテナの箔デカールは、撮影の時に手元の照明を調整して反射してるようにしてみたんですが、ちょっとやりすぎたかな…?って感じです
可動に関しては 少しでも大胆に見せようと心がけてポージングを作ったつもりですが、やはり変身ギミックのおかげで少しぎこちない感じになってしまいました

製作内容というのはこの場合、WORKSさんへのオーダー内容のことですか?
berber
2009/04/16 21:07
>>田澤重工さま
字数制限の関係で続きです

http://www.evolve-works.com/loworder.html

↑こちらのフォームが今回利用した大まかな「お手軽価格オーダー」の内容になっています。
なので、今回は基本的に外装のチタニウムフィニッシュはキットの成型色のまま、他のランナー部分をツヤ消しで仕上げてもらい、オプションでバーニアのメタル部分塗装をプラスした感じです。デカールやシールのアッセンブリなんかは、細かくオーダーの時に指定しました。自分で弄ったのは可動アンテナ部の中央部の塗装だけですね。
無印版ユニコーンを作った時は、かなりヒィヒィ言いながら作ったので、今回は少しでも楽に手に入れようと思ってWORKSさんにオーダーしたんですよ(;´Д`)

いつかゴテゴテにカスタムオーダーしたモデルも欲しいな!とか思ってるんですけどね!
berber
2009/04/16 21:31
MG ユニコーンガンダム ver.Ka. チタニウムフィニッシュ -EW製作依頼品- Re:Mixed TOY JUKE!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる